植物 プラセンタ

植物プラセンタはこれ|植物性プラセンタを選ぶなら

プラセンタといってもいろいろありますが、動物の胎盤を使ったものが基本ですね。
ですが、植物を使ったプラセンタというものが出ていますね。
基本的にはプラセンタは動物の胎盤のことのようですが、植物にも胎盤に似た胎座というものがあるんです。
これにはいろいろな成分が含まれていてメリットなどもあります。
ではなぜ植物性プラセンタが注目されているのかということですね。

植物性プラセンタの特徴

植物性プラセンタの胎座にはアミノ酸、ビタミン群、ミネラル等が豊富に含まれているということなんですね。
ただ、動物プラセンタにもそういった成分が豊富に含まれています。
ではなぜ植物性プラセンタかというと、ポイントとして安全性というところがあります。
プラセンタといえば副作用というところも気になる部分です。
動物には性ホルモンの残留の問題や病原体汚染問題などの懸念があります。
それに比べて植物にはそういった心配がほとんどないということなんです。
ですから栄養も豊富で安全性が高いということがあるわけです。
ただ、植物性プラセンタには動物プラセンタにある成長因子がないので更年期などの対策を考えたときには動物プラセンタのほうがよいかもしれません。
美容や健康、安全性まで含めて考えるのであれば植物性プラセンタが良いかもしれません。

おすすめ植物性プラセンタ

プラチナセンタ

 

 

プラチナセンタは薔薇から生まれたバラプラセンタです。
特徴としては18種類のアミノ酸に4種類のビタミン、バラ由来成分などが含まれています。
成分や公式サイトをみていくと美容、エイジングケア向けといった感じです。
東京大学、海外の博士10人と共同研究で37年の年月をかけて抽出に成功したというもので価値がありそうです。
そして、これから注目されそうです。

 

詳細を確認⇒プラチナセンタ

メロンプラセンタ

メロンプラセンタはメロンから抽出したプラセンタです。
公式サイトでのポイントキーワードは透明力は動物性プラセンタの約30倍というところでしょうか。
口コミでもワントーン上がった気がするなどの文章がありましたし、エイジングケア向け商品という感じです。

 

詳細を確認⇒メロンプラセンタ

穂のしずく

穂のしずくはプラセンタ研究50年の博士が生み出した植物プラセンタです。
ドイツ北部で有機栽培されたライ麦を主原料にレッドクローバーなどを多く含まれています。
原料が不足しているようで受付を停止していたりしていますね。
状況等は公式サイトで確認してみてください。

 

詳細を確認⇒穂のしずく

 

植物プラセンタってなに?

まず、プラセンタという成分はいくつかに分けられており、豚プラセンタ・羊プラセンタ・馬プラセンタ・海洋性プラセンタ・植物性プラセンタといった5種類が存在します。
このうち、「植物プラセンタ」に関しましては植物から抽出された成分のことをいいます。
プラセンタとは「胎盤」という意味を持ち、植物の胎座(胎盤にあたる部分)と呼ばれる箇所から抽出されたエキスが植物プラセンタなのです。
その効果は肌に対して良い作用が見られると言われており、美肌や美白を意識した多くの化粧品などに用いられております。具体的な効果に関しましては、主にビタミンやミネラル、アミノ酸といった各成分が効果的に働きかけると言われております。
その中でも、近年では大豆由来のものが注目を高めつつあります。
大豆から抽出された植物プラセンタには、女性ホルモンの活性化を促す作用があることでも知られている「イソフラボン」という成分を多く含みます。
このように、植物プラセンタはどの植物から作られたのかによっても効果に違いがあります。
また、現在では化粧品だけにとどまらず、麦のプラセンタやバラのプラセンタなどを用いたサプリメントなども広く販売されております。

植物プラセンタと動物性プラセンタの違い

植物プラセンタと動物プラセンタで成分もまた違ってきます。
植物プラセンタとはでも書きましたが、植物プラセンタには動物のような残留ホルモンがないというのが特徴にあります。
ですから副作用などを心配している方には安心して利用しやすいというのがあります。
逆に成分等に関しては薄いのではと思う方も多いかもしれませんが、遊離アミノ酸は6〜8倍も含まれるということなんです。
植物由来ならではの、ビタミン類や抗酸化成分が自然に含まれているというのも特徴です。
逆に植物プラセンタには動物プラセンタにある成長因子というものがありません。
この成長因子には更年期などに効果が期待できる成分などがあるようです。
ですが、植物プラセンタでも女性ホルモン分泌量の向上に効果が期待できるということのようです。
ですから目的は何かということになると思います。
美容目的などには特に良いのではないでしょうか。

植物プラセンタって何からできてるの?

大豆やライムギ、トウモロコシ、アセロラなどの原料から抽出したプラセンタの事を、植物プラセンタと言います。
植物には胎盤がありませんが、植物の胚には胎座と呼ばれる、植物が成長をする時に、実の栄養分となる成分があります。
この部分を、胎盤と同様に英語でプラセンタと呼ばれる所から、植物プラセンタと呼ばれているのです。

 

植物プラセンタには、ミネラル、アミノ酸、そして豊富なビタミンによる、美肌・美白効果を期待する事が出来ます。
しかし、動物性プラセンタとは違い、成長因子が無いことから、新陳代謝を活発にするという効果を得る事は出来ません。
ですので、コラーゲン、ヒアルロン酸の生成を促すといった効果を期待する事は出来ませんし、また、アンチエイジング効果もないのです。

 

あくまでも、植物プラセンタは、ミネラル、アミノ酸、ビタミンによる美容効果を期待するものですので、その点を活かして、サプリメントとして摂取するようにしましょう。

 

何よりも、植物プラセンタのメリットは、病源問題や残留ホルモンの事を心配する必要が無いという点です。
そういった点では、動物性プラセンタに比べると、安心して使用する事が出来るのが、最大の魅力なのです。

美肌を目指したいなら植物プラセンタがおすすめ!

大豆やライムギ、トウモロコシ、アセロラなどの原料から抽出したプラセンタの事を、植物プラセンタと言います。
植物には胎盤がありませんが、植物の胚には胎座と呼ばれる、植物が成長をする時に、実の栄養分となる成分があります。
この部分を、胎盤と同様に英語でプラセンタと呼ばれる所から、植物プラセンタと呼ばれているのです。

 

植物プラセンタには、ミネラル、アミノ酸、そして豊富なビタミンによる、美肌・美白効果を期待する事が出来ます。
しかし、動物性プラセンタとは違い、成長因子が無いことから、新陳代謝を活発にするという効果を得る事は出来ません。
ですので、コラーゲン、ヒアルロン酸の生成を促すといった効果を期待する事は出来ませんし、また、アンチエイジング効果もないのです。

 

あくまでも、植物プラセンタは、ミネラル、アミノ酸、ビタミンによる美容効果を期待するものですので、その点を活かして、サプリメントとして摂取するようにしましょう。

 

何よりも、植物プラセンタのメリットは、病源問題や残留ホルモンの事を心配する必要が無いという点です。
そういった点では、動物性プラセンタに比べると、安心して使用する事が出来るのが、最大の魅力なのです。


このページの先頭へ戻る