植物プラセンタと動物性プラセンタの違い

植物プラセンタと動物性プラセンタの違い

プラセンタには植物プラセンタと動物性プラセンタがあります。
プラセンタとは胎盤のことであり、注目度の高い美容成分であるため、現在多くの美容アイテムで使用されています。
植物性と動物性、同じプラセンタと名が付きますが、植物には胎盤がありませんので、似ているものという考え方になります。
植物には動物の胎盤と同じような位置づけで「胎座」という部分があり、美容成分はそこから抽出されます。
動物性のものは主に豚、その他には馬や羊由来のものがあります。
植物性と動物性は、由来が異なるため違った特徴を持ちます。
動物由来のものには「成長因子」がありますので、肌の細胞に働きかける作用があります。この成長因子は植物由来のものにはありません。
動物由来のプラセンタは美容だけでなく、健康にも反映されます。
植物プラセンタには動物由来のものと同様に、豊富なアミノ酸やミネラルが含まれていますが、自然由来のため安全性が高いといわれています。
植物プラセンタは美容のみに作用します。
動物性プラセンタには独特なニオイがありますので、使い続ける場合はニオイも視野に入れると失敗が少なくなります。
美肌や美白、保湿効果を求める場合は植物プラセンタを、アンチエイジングなどの効果を求める場合は動物性プラセンタをといった具合に、それぞれの特徴の違いを知ることで、欲しい効果に合わせて使い分けができます。


このページの先頭へ戻る