植物プラセンタと海洋性プラセンタの違い

植物プラセンタと海洋性プラセンタの違い

植物プラセンタとは、植物から抽出された栄養素を含むサプリメントになります。
食物には、動物のように胎盤はありませんが、代わりに胎座と呼ばれるものがあります。
この胎座とは、植物の胚珠が心皮につく部分のことで、アミノ酸を多く含んでいるのですが、肝心な成長因子を含んではおりませんので、動物性プラセンタのような効果を得る事は出来ません。

 

また、海洋性プラセンタとは、主に魚の卵巣膜から抽出されます。
こちらも、アミノ酸を多く含みますが、やはり動物性プラセンタの様に、成長因子を含みません。

 

しかし、海洋性プラセンタは、植物プラセンタとは違い、胎盤がありませんので、正式にはプラセンタとは別物になります。
ですが、卵巣膜には栄養が豊富に含まれておりますので、原料としてはとても優れているのです。
核酸やエラスチンなどが含まれておりますので、美肌効果が期待できます。

 

しかし、やはり植物プラセンタも海洋性プラセンタも、動物性プラセンタとは違い、最大の特徴である、成長因子が含まれておりませんので、どうしても効果が劣ってしまう点があります。
ですので、それぞれのプラセンタの効果をしっかりと理解して、自分に合ったプラセンタを探すようにしましょう。


このページの先頭へ戻る